« 退院 | トップページ | 尾白の湯 »

夏もおわり?

昨晩からの雨で
今日はすっかり涼しくて長袖でちょうどいいぐらい
 
そんななか花火の音が…
あれ?「サマーナイトファイヤーフェスティバル」って8月いっぱいじゃなかったの?
調べたら9月3日まででした
 
寒いぐらいの涼風が吹くなか
窓から眺める花火はなんだか淋しいもんですねぇ
夏も終わりか~

明日9月2日は、「第24回全国新作花火競技大会

|

« 退院 | トップページ | 尾白の湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大阪も、今日は涼しかったけど、それでも、お昼頃になると、暑くなってきました。
そちらはもう、長袖でもいいくらいなんですね・・羨ましい。

サマーナイトファイヤーフェスティバル・・ あけてみました。
機会があったら、行ってみたいな~。
夏!って感じで、こういうの大好きです。

投稿: りぼん | 2006年9月 1日 (金曜日) 22時47分

>りぼんさん
いつもコメントありがとうございます。
りぼんさんのところに、すぐにお邪魔出来るようにリンクさせていただきたいと思います。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m

サマーナイト……は、毎日15分間だけですが、一度見に行こうと思いつつ、重い腰が上がらず今年も終わりの時期になっちゃいました。
今年は水害や土石流がの被害があったので、地元の方もいつもとは違う思いで花火を眺めていたでしょうね~
りぼんさん、一度お出かけくださ~い(^_^)
 
あ、もしかしたら、今月中に大阪に行くかも…です。

投稿: bluedaisy | 2006年9月 2日 (土曜日) 07時31分

あーこ様こんばんは

夏、終わってしまいましたね。
私は仕事柄、「2学期が始まる」というのがやはり「夏の終わり」を強く感じさせられます。

とは言えまだまだ暑さは続き、これから始まる運動会の練習も日光に弱い私(笑)としては、つらくてたまらないのですが。

近所の空を赤とんぼが飛び交っています。

投稿: 元祖観徹斎 | 2006年9月 2日 (土曜日) 19時12分

>元祖観徹斎さん
観徹斎さん、こんばんは!
二学期の始まりが、夏の終わりですか。
そうですよね、生徒たちと一緒ですよね~
まだまだ暑い中、運動会の練習お疲れさまです。
えっ?日光に弱いんですか?
オバケ屋敷の館長さんみたいですね(笑)
 
赤とんぼ…秋ですねぇ~
こちらでは、そろそろ稲刈りが始まります。

投稿: bluedaisy | 2006年9月 2日 (土曜日) 21時28分

bluedaisyさん おはようございます。
諏訪湖では8月中は毎日「花火」が打ち上げられるんですね。
昨夜は「新作花火競技会」さぞかし見事な花火ばかりだったでしょうね。先日テレビで、秋田の有名な花火師さんの特集を観ましたが「5秒の為に半年かける」とやら・・・皆を楽しませる夜空を彩る花火、あの方達のご苦労あっての事なんだなあと思いました。

投稿: マーちゃん | 2006年9月 3日 (日曜日) 07時26分

>マーちゃんさん
毎晩打ち上げられるので、そのうち見に行こうと思っているうちに、もう終わりです(^^;)
昨晩の新作花火は、都合で見に行くことは出来ませんでしたが、少しだけ窓から見ました。今年は雨も無く花火日和でしたねー。
秋田といえば大曲の花火が有名ですよね。
5秒に半年をかけるんですか…真剣勝負ですね。
花火師さんのご苦労あっての楽しいきれいな花火なんですね~

投稿: bluedaisy | 2006年9月 3日 (日曜日) 18時44分

こんばんは。
おかあさま、退院おめでとうございます。
なにはともあれよかったですね!!

夏も終わりかぁ。
私の住んでるほうも夕方は涼しい風が吹きます。
今年は花火見に行けませんでした。残念。
電車も学生さんたちが戻ってきて混み始めました。
新学期ですね。

投稿: aya | 2006年9月 3日 (日曜日) 19時05分

>ayaさん
ありがとうございます。
とりあえず退院してきました。
すぐにはよくならない病気なので、これから気長にいかなければと思っています。
 
今晩も、窓を開けていると寒いぐらいの風が入ってきます。
ayaさんは電車の混み具合で夏の終わりを感じているんですね。
夏の終わりの感じ方も様々なんですね~

投稿: bluedaisy | 2006年9月 3日 (日曜日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65936/11720762

この記事へのトラックバック一覧です: 夏もおわり?:

« 退院 | トップページ | 尾白の湯 »