« 散歩コース・拾ケ堰(お花見第4弾) | トップページ | 桜仙峡(お花見第5弾) »

御柱祭り(飯沼諏訪神社)

今年は7年に一度の諏訪大社の御柱祭りの年!
本家の諏訪大社も、上社の山出し、下社の山出しと
勇壮なお祭りが始まっています~
 
全国には諏訪神社と名の付く神社は5000社以上あるそうで
その全部の神社で御柱祭りが行われるかどうかはわかりませんが
全国に広まって行った信仰や経緯はどうだったんでしょうね~?


さて、実家方面の諏訪神社でも同じく御柱祭りの年
 
Dscn7275_r11

 
諏訪大社では、山出し・里曳きと大掛かりに行われますが
こちらは、里曳きがメインです
その昔、木落としをしたこともあるそうですが
土に突き刺さり、どうにも抜けなくなって
その後は止めたそうです(父談)
 
諏訪大社では4本の柱を建てますが
この辺りの神社は2本なんだそうです
 

柱の置き場から、そろそろ神社を目指し出発です(朝8時) 

Dscn7234


ボクも、ハッピを着て来たよ
 
Dscn7232

他にワンコを連れた人は見かけなくて
「はれ~ハッピ着とる~!」
「かわいいね」
と声をかけてもらってナデナデしてもらいました
 
ボクも綱を持って曳いたの!
(曳いたフリ)
 
Dscn7237


     御柱が、国道を渡るよ~
     それ、一気にひっぱれ~~~!

Dscn7257


めざす神社は、桜が咲いている場所です~


御柱は坂道をのぼって、直角の道を曲がって~~~
神社の入り口で、また直角に曲がって~~~
 
Dscn7323_r1


最大の難所は・・・
300段と言われる石段!
のぼった先が境内です

Dscn72761_r1


Dscn7279_r1


最初の何十段かの石段を御柱がのぼってきました
柱が浮いちゃわないように
氏子の若者が綱に乗って押さえてます~
股間が痛いのを必死に耐えてました(;^ω^)

Dscn7298


     石段の横にある石造りの溝に御柱を入れて持ち上げて行きます

Dscn7305_r1
 

人力だけで、動くもんだね
どんどん上がっていきました~(^^)/

この石段ができたのは明治時代とのこと
そのときに、御柱を持ち上げる用に、両側に溝を付けたんだそうです

Dscn7314_r11


このあと、境内に御柱を建てるのですが
そこまでは見ていませんでした~
 

実家では、ご馳走を用意してくれていました
ボクも、うまうまもらったの(*^^*)
 
Dscn7261

Dscn7262
 
今回の御柱、氏子として祭りに参加したのは
関東に住んでいる妹
両親の代わりに祭りに出るべく、車を飛ばしてきました

だんだん足腰も弱ってくる両親
祭りの参加者も、若返りが目立って知らない人が多い
 
まあ、まだ元気でしゃべって食べて
農作業も出来るからヨシとしないとね(*^^*)
 

珍しく坂道をあるいたせいか
今日は足が痛い!
いつも平坦な道ばかり散歩してるからな(~_~;)
 

|

« 散歩コース・拾ケ堰(お花見第4弾) | トップページ | 桜仙峡(お花見第5弾) »

ペット(わらび)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65936/63470880

この記事へのトラックバック一覧です: 御柱祭り(飯沼諏訪神社):

« 散歩コース・拾ケ堰(お花見第4弾) | トップページ | 桜仙峡(お花見第5弾) »