そして神戸 Part1

パパが、神戸ってところに連れて行ってくれたよ
ボクは初めてだったけど、パパとママは何回か行ったことがあるんだって

阪神高速が渋滞したけど、無事にハーバーランドに到着だ~
海ナシ県人にとって、海は特別な存在よ(*^^*)
 

 
まずは、神戸ポートタワーの前で・・・
 
Dscn1319_r1_2


 
     こっち向いて~!ってママがうるさいんだ
Dscn1305_r1


そして、海のお散歩
ワンコNGの観光船もあったけど
この船に乗ったよ(ファンタジー号
ワンコは、デッキのみ
リードでOK(*^^*)
二人で買うと、一人200円の割引があるよ(ワンコは無料だった)
Dscn1326

 
海から眺める、街もきれいだよね~
曇りだったけど、晴れていたら、もっときれいだっただろうな~

Dscn1358


 
     ボクはちょっと怖くて、尻尾さげてたんだ(;^ω^)
Dscn1331


ママに抱っこしてもらった(*^^*)甘えん坊なのだ
Pic_0014


神戸港も、造船所がたくさんあるんだね~
浮きドックっていうんだって
Dscn1341


     
     名前が入った灯台は、珍しいんだって
Dscn1354


明石海峡大橋や神戸空港も見えたよ(*^^*)
 


下船後は、昨年できたばかりという「umie」(うみえ)って、商業施設へ
海に面したMOSAICって建物のデッキや通路は、リードでOK!
ただし、入れるお店は無いし、テラス席があっても、ワンコNGがほとんど
テラスはワンコOKのお店もあるらしいですが、数少ないとか
(ロッテリアのデッキは、ワンコOKだった)


ママがお友達に聞いて楽しみにしていた
こんな犬がいるお店にも寄ったんだよ~(*^^*)
Dscn1363


 
あちこちに、黄色いかぼちゃがいたんだ
ハロウィーンっていうんだってさ
Dscn1295


さて、今夜のお宿へ行きましょう
パパが探してくれた、ボクも一緒に泊まれるホテルだよ
三ノ宮駅や異人館街にも近くて便利なところなんだってさ
北の坂ホテル


写真は、夜撮ったもの
左のラブホが目立つけど(;^ω^)
右側がホテルの入り口
外に、ボクの足洗い場もあるんだ
Dscn1386_r1


     ホテルの入り口右側にはレストラン
     ワンコOKのスペイン料理が味わえるお店だったよ
     Cafe & Bar Candy
Dscn1385


タオルにもバスマットにも寝間着にもワンコが付いてて可愛いね
フロントで買えるんだよ(*^^*)
Dscn1373
Dscn1364_r1

ボクの居場所は、ココだって
Dscn1369_r1


     でも、ボク、ここが気に入ったよ
Dscn1368
(おしっこは足あげちゃうから、壁にテープでトイレシーツ貼らせてもらいました
 でも、わらびは、ホテルのトイレでは、しっこしなかったです)
 

夕飯は、レストランにボクも連れて行ってもらったよ
パパたちは、おいしそうなもの食べてたんだ
明石鯛、ボクも食べたかったな
Dscn1380

     アヒージョって料理、初めて食べたってさ
Dscn1382


お料理、美味しゅうございました
が、たしか2食付のプランのはずだったのに・・・って、確認したら
ホテルの手違いで、本当はコース料理が出てくるはずだったんだって(;^ω^)
あらら、だったけど
ホテルのちゃんとした対応にホッとしたよ(*^^*)
 

パパは、飲み足りなかったとか(笑)
夜の街へくりだしたんだ
ボクも、パパが飲みすぎないように監視しないといけないから付いて行ったよ
でも、人がいっぱいで、ボクは踏まれそうになって、怖かった(>_<)
Pic_0020

     パパが立ち飲みで、串カツ食べてるあいだ
     ボクは、ママと、いい子で待ってたのさ
     
Dscn1384
可愛いねって声かけてくれたおじさんがいたんだけど
ボクは、怖くてワンワンしちゃったよ・・・ごめんねおじさん
おじさんの家には、15歳になるヨーキーちゃんがいるんだって
長生きしてね(*^^*)
 


 
Part2へつづく
  
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北海道旅行記(6)(訂正)

9月27日(土)
Feriazarea_2
起きたら、揺れが少しおさまっていた
それもそのはず、朝7時45分、秋田港に寄港するので湾内に入ってきていたのでした
← 朝7:00秋田港を出港し苫小牧東港へ向かう「フェリーあざれあ」とすれちがう
 湾内だけど、けっこうな縦揺れしてるぅ~typhoon
 
タグボートの力を借りて、慎重に岸壁に着岸したのは、予定着岸時刻から45分遅れの午前8時15分ごろでした
Akitakou
Akitashukkou
← 定刻通り午前9時、秋田港を出港しましたship
 荒れ模様って一目瞭然の空です
 デッキにたたずむオタクがひとり(笑)
 
その後も低気圧の影響で、フェリーは揺れ続け
レストランは営業中止restaurant
お風呂も危険防止のため閉鎖となりspa
酔い止めのせいもあて、ひたすら寝て過ごすフェリー旅となりました
船酔いなどしたことがないダンナも
船酔いなのか、ただの二日酔いなのかbottle元気がなくdown、酔い止めを飲みました
Funewooriru
定刻通り、午後3時半に新潟港に着岸
天気も回復傾向ですsun
ああ、楽しかった北海道へのフェリー旅も終わりです
← フェリーを降ります
(船会社によって違いますが、今回は同乗者も一緒に車に乗って下船できました
 船を降りるときはダンナが運転なので、私がシャッターを切りました)
 
新潟亀田ICから高速に乗り、夕食を取りながら自宅に戻ったのは午後9時でした
隣の県だけど、けっこう時間がかかるもんですね~
(ほとんど、行きの茨城県大洗港に行くのと同じ時間かかってます)
とにかく、無事に今回の旅が終りましたrvcar
 
Tennkikaifuku_2
ココログさん、1つの記事に1メガ分の写真しか投稿できなくなってしまったので
いちいち写真サイズを変更するのが面倒で、あまり日記中に写真が入れられませんでした
右バーの「フェリー旅」で、ゆっくり見てください
旅行記は、とりあえず終わり
長々と読んでいただき、ありがとうございました (._.)アリガト
 
↑ 最後に、船旅らしい1枚を!
  
雑記・・・書いちゃおうかな(笑)
 

*訂正
 「1つの記事に1メガ…」と書きましたが、 正しくは、1アップロードについて1メガでした
 アバウトな私、ココログさんの文章をちゃんと読んでいませんでした~(^_^;)すいません<(_ _)>

| | コメント (12) | トラックバック (0)

北海道旅行記(5)

9月26日(金)
昨晩食べすぎたし、今朝はひと風呂浴びる前にダンナと朝の散歩に出てみる
定山渓温泉のシンボルはカッパなんですって
足湯の傍にもカッパちゃんがいました
ひんやりした空気を吸ってから、朝の光を浴びながら温泉に入る
贅沢だなぁ~
 
今日は、夜には帰りのフェリーshipに乗らないといけないし
札幌の街を見て・・・ジンギスカンを食べて・・・夕方暗くなる前に港に行けばいいか!
なんて、アバウトな計画を立てていたところへ
またまた、故郷が北海道というブログ友達のゆっぴさんから情報phoneto
Chuuouichiba
「市場に行かれるなら、二条市場は観光化されて高いから、中央市場がいいですよ!」
さっそく、「札幌市中央卸売 場外市場」に寄ることにする
今回の旅には、地元に詳しいゆっぴさんの情報がとてもありがたかったです
私たちが訪れた頃は、もう10時すぎで、だいぶお客さんも少なくなった時間
朝はもっと人であふれているそうです
↑ 車の中から撮影:中央市場(場外)
  
北海道の味覚があふれていてcancerfish目移りしちゃってeye
誘惑に負けて、海産物や果物、買っちゃいました
いい買い物ができたわぁ~
 
Sapporobiru
そろそろお昼
← サッポロビール園で、ジンギスカンbeer
9月26日投稿
 
ビール博物館なかにある売店で、探し求めていた「じゃがぽっくる」発見!
(総合受付のところにも売店はありますが、そちらには無かった)
ただし、ひとり1箱のみ!だって
噂どおり、大人気なのね~
 
サッポロビール園の中を歩いていた時、ダンナが見つけたの
「いま、すれ違った人の袋に、じゃがぽっくる入っとった」ってeye
めざといなぁ~~~、さすが人間観察好きだ!
おかげで、どこかに売っているはずって、園内の売店を探すことができました
 
まだまだ夕方までは時間がたっぷりあります
支笏湖方面へ行ってみようかどうしようかと迷いながら・・・
サッポロビール園の隣に立つショッピングセンターで、フェリーの中で食べる夕食のお惣菜やパンを買って、明るいうちに港へ向かうことにする
 
ちょうど、「新日本海フェリー」と横っ腹に書かれたトラックの後ろを付いて行ったら・・・
砂利道に入り込んじゃった
あれ?フェリーターミナルに行くんじゃなかったの?(苦笑)
(帰りは、新日本海フェリーを利用しました)
カーナビも、苫小牧東港(来たときには、苫小牧西港に到着しました)は、認識していなくて、道路沿いの店に案内してくれるし・・・
迷って、やっとフェリーターミナルに到着
明るいうちに、行動しておいてよかったわぁ~
東港の周りにはな~んにもないと言われていたものの、東港へ向かう道路にもホントにコンビニなど、な~んにもなかったです!
(フェリーターミナル内の売店にはお弁当も少し売ってるし食堂もあります)
ガソリンも安いから、北海道で入れておこうと思ったけど、ガソリンスタンドも無かった
(1リットル160円台前半・・・小樽では153円ってところもありました
 9月中の話です。10月になって、また値下げされましたね~)
  
低気圧が近づいているとのことで、風が強く寒い!
そんななか、私たちを新潟港へ運んでくれる「フェリーしらかば」が到着
9月26日投稿
 
捨てられたのか野良犬が1匹、フェリーターミナル近くの草むらに住んでいるみたい
フェリー関係者なのか、おじさんが一生懸命呼び寄せて餌を与えようとしているんだけど
しっぽを振りながら近づいてくるものの、おじさんの近くまで来ると、さっと、また逃げてしまう
野良ちゃん、冬はどこで寝るのかな?
寒くて凍えちゃうよね~
冬が来る前に、おじさんが、なんとかしようとしているみたい
なついてくれるといいなぁ~
 
辺鄙なところにあるフェリーターミナルだけど
出港1時間前ぐらいになると、ツアーのお客さんやバイクの人など、待合室はイスがないほど、大にぎわい
絶対揺れるとわかっているので、さっさと酔い止めの薬を飲む
 
窓側の部屋は予約時に取れなかったので内側の洋室
揺れるとなると、内側の部屋で正解だったかも
午後7時半出港
218
湾内を航行しているうちに(揺れないうちに)買ってきたお惣菜とおにぎりで夕食
北海道のプチトマト、甘くておいしかったです
お赤飯おにぎりには・・・小豆のほかに黒豆も入っていました
煮物のなかのフキ・・・北海道のフキ、太~い!
煮物の中にピンクの「なると」が入っているのも初めて~!
と、スーパーのお惣菜でも、文化の違いを感じられて、おもしろい
 
そろそろ湾の外に出て揺れ始めるので、廊下や階段を歩く際は気をつけるようにと船内アナウンスが入る
しばらくすると・・・ゆ~らゆら!
お風呂もツアーのお客さんで混んでいるだろうし、明日の昼間のお楽しみにしよう
こんなに揺れるときは寝るに限る
お休みなさいsleepy
それにしても、けっこう横揺れするぅ~~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

北海道旅行記(2)

9月23日(水)
Shiretokonami_3
目覚めたら、ダンナはすでに部屋にはおらず
デッキで風景を眺めてきたそうなeye
すでに仙台あたりも通過したとのこと
夕方7時45分、苫小牧着予定なので、ほぼ1日中フェリーの中

読みかけの本も持って行ったけど
どうも、酔いそうで読めずbook
なにをしていたわけでもないのに
な~んとなく時間が過ぎていく
 
午前10時半、姉妹船「さんふらわあ だいせつ」とすれ違い
9月23日投稿
船内では案内もなにも流れないので、デッキに出てきている人も少なかった
トラックドライバーさんが多いとはいえ、館内の案内放送ぐらい入ってもいいのにね
 
「さんふらわあ しれとこ」も、デッキに出られる箇所が制限されていて
ゆっくり潮風に当たることもできず、撮影スポットも限られちゃって残念ship
まあ、風が強くて、シブキがまきあがってきて、一時は雨かと思うほどでしたけど…
 
Shiretokodakedonberu
船内を散策していたら、見つけちゃいましたhappy01
船名は「さんふらわあ しれとこ」に張り変えられていますが
船体には、懐かしい「旧ニューれいんぼうべる」のイルカのマーク
(写真、ボケちゃいましたが、左側のほうに見えますか?)
ちなみに、もちろん、しれとこの船体には、太陽マークが描かれています
 
東日本フェリーさんも、厳しい経営環境から、国内のフェリー業務から撤退すると9月に入って発表されたばかり
このイルカのマークも消えてしまう運命なんですね
せっかく新型高速船の「ナッチャンRera」も就航して1年なのに、なんとも残念
北海道と本州を結ぶ足として活躍してきたであろう東日本フェリーの船たち
従業員の方たちも含め、今後がとても心配です
 
お昼は、共有スペースであるホールで海を眺めながら、持ち込んだカップヌードルにお湯を注いでチュルチュルっとnoodle
みなさん、思い思いに船旅を楽しんでいる様子
あの人は、女性ひとり・・・たぶんバイクの人だったかな?
一人旅もすごいけど、バイクっていうのもすごいなぁ~
あのおじちゃん、すごいカメラを持ってたおじちゃんだcamera
何者なんだろ?フェリーファン?
などと、人間観察をして、勝手に妄想をふくらませておりました
  
暗くなると、陸の明かりが見え始めるshine
1日が過ぎるのが早いこと早いこと
午後7時45分、予定どおりに苫小牧港に着岸
今晩泊まるビジネスホテルへと急ぐ
カーナビさんは、こんなに離れた場所でも、ちゃんと案内してくれるのね
いま、北海道にいるのが不思議な気がする
 
ホテルにチェックインしてから、遅い夕食をとろうと、苫小牧の街へ出てみる
安そうな居酒屋で食べた豚串が(○○産って、きっと地元の地名らしい名前が書いてあった)
思いのほか美味しかったpig
 
このビジネスホテル、ロビーにパソコンがあり、無料でネットができる
携帯から投稿した自分のブログを確認しながら、コメントへの返事を書いていたら
さっき飲んだお酒が回ってきたのか、それとも船酔いだったのか?
頭がグルグルwobbly回ってきてしまったので、返事もそこそこに、部屋に倒れこむ
トイレに行ったら、元気回復!
ただの酒酔いかぁ?(苦笑)
 
北海道上陸初日の夜は
無料のDVD「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を見ながら更けていきました

| | コメント (10) | トラックバック (1)

北海道旅行記(1)

9月22日(月)
大洗港を目指して高速を走らせる
天気は、雨が降ったり止んだりraincloud
八王子ジャンクションから圏央道を通り、関越~外環道から常磐道へ
お昼には、大洗港のとなりの大洗アウトレットに到着
(出発から5時間)
Sannfurawaasapporo
アウトレットのお店でお昼を食べてから、
(なんでも、テレビ番組の「VVV6」で、1位になったカツ丼とか
 美味でございました)
午後2時に入港してくる「さんふらわあ さっぽろ」を見るため、港へGo!
滑るように、入港してくる太陽マークが眩しいさんふらわあship
久しぶりのフェリーの姿、ダンナは大喜びでビデオを回してました
↑ さんふらわあ さっぽろ

Sannfurawaashiretoko_2
そして、今晩乗る「さんふらわあ しれとこ」は、すでに着岸中
← さんふらわあ しれとこ(元ニューれいんぼうべる) 
昔は、日本海航路で活躍していた船
太平洋航路でもしっかり活躍の場があってよかったね~
  
それにしても、私たちが乗る「さんふらわあ しれとこ」の出港は翌日23日の午前2時
時間は、有り余るほどたっぷりありまするclock
 
近くの日帰り温泉施設を見つけて、そこへ入り込む
大洗の海岸が見渡せる温泉「潮騒の湯
普段はひとり1000円とのことだけど
この日は、22日=夫婦の日、ってことで、ご夫婦でのご来場の方は、二人で1000円とのこと!
おお、ラッキー!!!
休憩所のほかに、仮眠室があったので、そちらで、しばし熟睡sleepy
温まる湯でした~
 
そろそろ、先ほど入港した「さんふらわあ さっぽろ」が出航時間(午後6時半)
港に戻って、お見送りします
商船三井さんは、出港の時、岸壁の係員の方たちも、並んで手を振ってお見送りしてくれるんですpaper
たったそれだけのことだけど、なんかうれしいじゃないですか
計画を立てたときには、この夕方便には間に合わないと思い、深夜便の予約を取りましたが
その後予定変更になり、時間的には夕方便にも十分間に合ったけどね
最初の計画通り、深夜便に乗ります
  
さて、これからが長い時間
乗船手続きは午後9時からなので、コンビニに行って、タバコや朝食用のパンなどの買い出し
私たちの乗る時間帯の深夜便には、レストランが無く、自動販売機のみ(マーボー丼や牛丼など丼物やカップヌードルや焼きそば、焼きおにぎり、フライドポテトなどあり)なので、2食分の食料は自分で調達しておいたほうが安上がりかな?
野菜不足になりがちなので、野菜ジュースとプチトマトも買っておく
 
午後9時、乗船手続き開始、午後10時40分には徒歩と同乗者が先に乗船開始
(フェリーに車を入れるのはダンナがやってくれるので、私は先に徒歩で乗船)
車は11時から乗船rvcar
部屋は、どの部屋も1段ベッドの4人部屋というカジュアルフェリーです
でも混んでいなかったので二人で使用できました
 
さっさと、フェリーの売店(といっても、インフォメーションですが)で
さんふらわあグッズをゲットしてご機嫌のダンナship
出港までにはお風呂に入ったり、一杯飲んだり・・・時間がありすぎて寝ちゃうsleepy
気づいたら、出港時間の午前2時!
まだ出港していなかったので、ダンナはあわててデッキに出て出港を見る
私は部屋の窓から出港を見て、酔い止めの効果もあって、すぐに眠りについてしまいました
いよいよ、お楽しみの旅の始まりです   つづく
    
*行きの航路は、商船三井フェリーです
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

無事に

無事に、昨晩9時過ぎ、自宅にたどり着きましたrvcar
 
めったなことでは酔わないダンナも、今回は船酔いだったのかship、ただの酒酔いだったのか、具合が悪くて、酔い止めを飲みました
 
ツアーのお客さんも大勢乗っていたけど、具合が悪くなった人も多かったんではないでしょうか
 
大海原を眺めながらのお風呂タイムspaを楽しみにしていたのに、お風呂閉鎖、レストランの営業も中止restaurantだなんて、
初めての経験でした
 
北海道も寒かったですが、こちらも今日はコタツがほしいほど寒かったですが
山のような洗濯物を済ませ、買ってきたものを整理したり、お土産を送ったり、片づけものだけに手間取ってしまい、なかなかパソコンの前に座る時間が取れませんでした
 
みなさんにいただいたコメントにも返事が中途半端になっています
徐々にお返事しますね

そして、写真cameraの整理をして、旅行記を徐々にアップpcしていきます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

着岸

着岸
遠くに新潟港が見えてきました
はい、揺れました
酔い止めのおかげで酔いませんでしたが、ひたすら寝てました
昼の楽しみ、お風呂もレストランも閉鎖でした(>_<)
楽しかった旅も、あとは高速で家に帰るのみ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

フェリーしらかば

フェリーしらかば
今晩乗船する「フェリーしらかば」が入港してきました
空、あやしいです
低気圧が近付いているので到着は遅れるかもしれない、とのこと
それより…、揺れそう(>_<)
ああ、揺れないで〜!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

乗船中

乗船中
定刻より10分ほど遅れて出港しました
午前10時半ごろ、姉妹船「さんふらわあだいせつ」(元ニューれいんぼうらぶ)とすれ違い
ちっちゃすぎて見えないかな?携帯のカメラじゃこれが限界です
現在岩手沖を航行中

| | コメント (8) | トラックバック (0)

さんふらわあしれとこ

さんふらわあしれとこ
大洗港は曇りから晴れてきました、星も見えます
乗船手続きは午後9時から
午前2時出港です
今回乗る「さんふらわあしれとこ」、元「ニューれいんぼうべる」です
昼間、マリンタワーから撮りました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧